FC2ブログ

2010-08-18

宮里派糸東流とは

私たち日本空手道順道会の流派は宮里派糸東流です。糸東流とは? 糸東流とは沖縄に源流をもつ日本の伝統空手4大流派の一つです。沖縄の首里手と呼ばれる軽快敏速な流派の拳聖と言われた故 糸洲安恒先生の「糸」と、那覇手と呼ばれる重厚力感的な流派の主流と言われた故 東恩納寛量先生の「東」を流派の名前に取り入れたものです。

従い、糸東流では首里手と那覇手の両方を学ぶのですが、私たち宮里派糸東流は、糸東流空手道の故 坂上隆祥師範の首里手の型を正しく伝承し、尚沖縄剛柔流の故 宮里栄一師範の那覇手の空手を忠実に継承しております。

当流派の特徴は、空手の型を生かすことです。そのためには、黒帯をとるまではひたすら基本の動きと基本の型ができるように動きを繰り返し、空手を続けていけるだけの礼儀、忍耐、体力を作っていきます。次に、黒帯をとってからとなりますが、型を練り、護身の動きに取り入れていきます。これを繰り返すことで、スピードとパワーが衰えても稽古ができ、そして健康維持と護身の役に立つ武道としての空手を目指しております。

空手と聞くと、皆さんは野蛮とか怖いとかのイメージを持たれるかもしれませんが、本当の源流はインドにあります。インドの達磨大師が中国の少林寺に仏教を伝えたところ、僧に体力が無く、厳しい修行についてこれませんでした。そこで体力を作るために伝えたのが少林寺拳法の源流です。少林寺拳法とヨガは源流が同じで、武術の要素を抜いたものがヨガです。空手は中国の唐の拳法の要素を取り入れています。従い、空手の準備運動、立ち方や呼吸法はそのまま健康法になります。

始める年齢は関係ありません。一生できます。始めてみませんか?
スポンサーサイト



プロフィール

jyundoukai

Author:jyundoukai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード